功績賞/顕功賞

英文名称 IPSJ Contribution Award
賞の概要 情報処理学会創立25周年を記念し,わが国コンピュータ分野の草分けとして今日の情報処理の基礎を築いた先覚者7名を特別功績賞として表彰(昭和59年度の表彰としている).この賞の実施を機に,昭和60年度から功績賞が創設され,情報処理に関し特別の功労があり,その業績が顕著なものに対し授与されることとなった.なお,故人となった会員が功績賞を受賞するにふさわしいと理事会が判断する場合,功績賞に準ずる特別賞として顕功賞を贈呈することとしている.
選考委員 同賞選定委員会(委員長:副会長)
選考方法 役員ほか定められた推薦者の推薦により,選定委員会が選定する.
選考基準 情報処理に関する学術または関連事業に対し特別の功労があり,その功績が顕著な会員のうち,原則として毎年3名以内を選定する(名誉会員および名誉会員の推挙が決定した会員ならびに既受賞者は除く).
表彰等 定時総会席上.賞状および賞牌.会誌「情報処理」7月号に掲載.

2016年度

本年度の受賞者は関連規程に基づき,第616回理事会(2017年3月)の議を経て,下記の3君に決定され2017年度定時総会(2017年6月2日)において,賞状および賞牌が授与されました.(記載は会員番号順)

2016年度顕功賞

顕功賞は,功績賞に準ずる特別賞として,功績賞を受賞するに相応しい特別の功労が認められる故人となった会員に贈呈されます.
   

2015年度

本年度の受賞者は関連規程に基づき,第607回理事会(2016年3月)の議を経て,下記の3君に決定され2016年度定時総会(2016年6月3日)において,賞状および賞牌が授与されました.

2014年度

本年度の受賞者は関連規程に基づき,第598回理事会(2015年3月)の議を経て,下記の4君に決定され2015年度定時総会(2015年6月3日)において,賞状および賞牌が授与されました.
   

2013年度

本年度の受賞者は関連規程に基づき,第589回理事会(2014年3月)の議を経て,下記の3君に決定され2014年度定時総会(2014年6月4日)において,賞状および賞牌が授与されました.

2012年度

本年度の受賞者は関連規程に基づき,第580回理事会(2013年3月)の議を経て,下記の3君に決定され2013年度定時総会(2013年6月5日)において,賞状および賞牌が授与されました.

2011年度

本年度の受賞者は関連規程に基づき,第571回理事会(2012年3月)の議を経て,下記の3君に決定され2012年度定時総会(2012年6月5日)において,賞状および賞牌が授与されました.

2010年度

本年度の受賞者は関連規程に基づき,第562回理事会(2011年3月)の議を経て,下記の4君に決定され2011年度定時総会(2011年6月2日)において,賞状および賞牌が授与されました.

   

2009年度(平成21年度)

本年度の受賞者は関連規程に基づき,第552回理事会(平成22年3月)の議を経て,下記の4君に決定され平成22年度通常総会(平成22年5月31日)において,賞状および賞牌が授与されました.
   

2008年度(平成20年度)

本年度の受賞者は関連規程に基づき,第542回理事会(平成21年3月)の議を経て,下記の3君に決定され第53回通常総会(平成21年5月29日)において,賞状および賞牌が授与されました.

2007年度(平成19年度)

本年度の受賞者は関連規程に基づき,第533回理事会(平成20年3月)の議を経て,下記の3君に決定され第51回通常総会(平成20年5月30日)において,賞状および賞牌が授与されました.

2006年度(平成18年度)

本年度の受賞者は関連規程に基づき,第524回理事会(平成19年3月)の議を経て,下記の3君に決定され第50回通常総会(平成19年5月30日)において,賞状および賞牌が授与されました.

2006年度(平成18年度)顕功賞

顕功賞は,功績賞に準ずる特別賞として,功績賞を受賞するに相応しい特別の功労が認められる故人となった会員に贈呈されます.
 

2005年度(平成17年度)

本年度の受賞者は関連規程に基づき,第515回理事会(平成18年3月)の議を経て,下記の3君に決定され第49回通常総会(平成18年5月30日)において,賞状および賞牌が授与されました.

2004年度(平成16年度)

本年度の受賞者は関連規程に基づき,第506回理事会(平成17年3月)の議を経て,下記の2君に決定され第48回通常総会(平成17年5月20日)において,賞状および賞牌が授与されました.
 

2003年度(平成15年度)

本年度の受賞者は第495回理事会(平成16年3月)の承認を得て,下記の3君に決定されました.なお,本会表彰規程により,平成16年5月20日に開催された第47回通常総会において,受賞者に表彰状および賞牌が授与されました.

2003年度(平成15年度)顕功賞

顕功賞は,功績賞に準ずる特別賞として,功績賞を受賞するに相応しい特別の功労が認められる故人となった会員に贈呈されます.
   

2002年度(平成14年度)

本年度の受賞者は第484回理事会(平成15年3月)の承認を得て,下記の2君に決定されました.なお,本会表彰規程により,5月20日に開催された第45回通常総会において,受賞者に表彰状および賞牌が授与されました.
 

2001年度(平成13年度)

本年度の受賞者は第473回理事会(平成14年3月)の承認を得て,下記の3君に決定されました.なお,本会表彰規程により,5月20日に開催された第44回通常総会において,受賞者に表彰状および賞牌が授与されました.

2000年度(平成12年度)以前

受賞年度 受賞者氏名 (掲載は会員番号順)
2000年度(平成12年度) 稲垣 康善    堀越  彌    松下  温
1999年度(平成11年度) 中田 育男    戸田  巖    池田 克夫    山田 尚勇
1998年度(平成10年度) 高橋 延匡    藤野 喜一    牛島 和夫    石田 晴久
1997年度(平成 9年度) 淵  一博    野口 正一
1996年度(平成 8年度) 山田  博    長尾  真    中澤喜三郎
1995年度(平成 7年度) 和田 英一    水野 幸男
1994年度(平成 6年度) 相磯 秀夫    浦  昭二    村田 健郎
1993年度(平成 5年度) 石井 善昭    萩原  宏    福村 晃夫
1992年度(平成 4年度) 山本 欣子    山本 卓眞
1991年度(平成 3年度) 榎本  肇    三浦 武雄
1990年度(平成 2年度) 後藤 英一    西野 博二    室賀 三郎
1989年度(平成元年度) 大野  豊    坂井 利之
1988年度(昭和63年度) 清野  武    猪瀬  博
1987年度(昭和62年度) 尾関 雅則    高橋  茂
 同年 顕功賞※ 元岡  達(受賞前年逝去) ※顕功賞:功績賞に準じた特別賞
1986年度(昭和61年度) 安藤  馨    小林 宏治
1985年度(昭和60年度) 小林 大祐    穂坂  衛
1984年度(昭和59年度)
創立25周年記念特別功績賞
山下 英男    喜安 善市    後藤 以紀    高橋 秀俊  
森口 繁一    和田  弘    岡崎 文次

管理部門への問い合わせフォーム