「情報処理」オンライン 総目次一覧

「情報処理」オンライン 総目次一覧

(リンクをクリックすると該当記事掲載サイトに移動します)
[D] 電子図書館  https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/
 ※アクセス方法は以下をご覧ください
 【会員の方】 https://www.ipsj.or.jp/member/kaishietsuran_kojin2020.html
 【チケットコード利用の方】 https://www.ipsj.or.jp/magazine/magazineticket/
[H] DPWeb https://www.ipsj.or.jp/dp/papers/ronbun.html
[N] note https://note.com/ipsj
[E] epub版

本誌に出てくる製品名等は,各社の商標または登録商標です.

Vol.62 No.12 (2021.11.15発行)

[D] 《特集:植物と情報処理》
[E] 《特集:植物と情報処理》

《連載:教科「情報」の入学試験問題って?》


Vol.62 No.11 (2021.10.15発行)

[D] 《特集:観光情報学─スマートツーリズムに向けた研究動向─》
[E] 《特集:観光情報学─スマートツーリズムに向けた研究動向─》
  • 1.ポストコロナにおける観光(安本慶一・中村 哲)
  • 2.観光情報のオープンデータ化(奥野 拓)
  • 3.UGCを利用した観光資源の発見と推薦(馬  強)
  • 4.参加型観光情報の収集(藤本まなと)
  • 5.人流クラスタリング解析(田中宏季・中村 哲)
  • 6.観光ナビゲーション(安本慶一)
  • 7.観光のための動画キュレーション(諏訪博彦)
  • 8.観光とチャットボット(吉野幸一郎)
  • 9.観光客の心理状態推定(松田裕貴)

《特別解説》


[D]《報告:未踏の第27期スーパークリエータたち》

[D]《トピックス:2020年度研究会推薦博士論文速報》

[D] 《デジタルプラクティスコーナー:DXのプラクティス〜ニューノーマル時代を生き延びる〜》(PDF版)
[H] 《デジタルプラクティスコーナー:DXのプラクティス〜ニューノーマル時代を生き延びる〜》(HTML版)

  • 1.[解説論文]DX先進企業から見るDXの現在地,構造,方向(三部良太・林 航平・河野太基・鎌田高輝)
  • 2.[招待論文]急激な環境変化に対応する「DX時代のイノベーション創出プログラム」—リコーグループのアクセラレータプログラムTRIBUS(トライバス)—(小笠原広大・大越瑛美・森久泰二郎・西脇祐介)
  • 3.[招待論文]顔認証とDigital IDを活用したサービス社会の実現に向けて(太田知秀)
  • 4.[招待論文]事例から見るRPA導入の課題とその解決(三浦盛生・鈴木 岳)
  • 5.インタビュー:DXのプラクティス〜ニューノーマル時代を生き延びる〜(インタビュイー:境 真良・三部良太 インタビュアー:吉野松樹・藤瀬哲朗)
  • グロッサリ

  • 提携団体推薦論文
  • [ユニシス研究会]新しい生活様式に適したセキュアなリッチクライアントの実装~Windows10およびMicrosoft365の標準機能の活用事例~(樋口将公)
  • [日立ITユーザ会]建設現場のデジタルシフト~IoTデータの収集から活用に至るプロセスの構築〜(天沼徹太郎・小山尚晃・角川友隆)


Vol.62 No.10 (2021.9.15発行)

[D] 《小特集:⾝近になった対話システム》
[E] 《小特集:⾝近になった対話システム》
  • 1.対話システムを知ろう—自然言語による機械と人間とのコミュニケーション—(中野幹生)
  • 2.機械読解による自然言語理解(西田京介)
  • 3.チャットボットサービスの変遷とそれを支える構成技術—シナリオ型チャットボットサービスの発展—(岩崎信也・津村直哉)
  • 4.一般ユーザとの雑談会話のためのAI チャットボット(沢田 慶)
  • 5.対話システムでは今何が問題になっているのか?(東中⻯⼀郎・光田 航)

 

■Vol.62 No.9 (2021.8.15発行)

[N]《報告:未踏の第27期スーパークリエータたち》

[D] 《特集:人の動きを捉え社会を動かす人口流動統計》
[E] 《特集:人の動きを捉え社会を動かす人口流動統計》

  • 1.人流データを用いた都市の常時観測による社会・産業の高度化(今井龍一)
  • 2.人口流動統計の開発─携帯電話基地局の運用データに基づくOD量・移動経路・移動手段の推計─(池田大造)
  • 3.人口流動統計の都市交通調査への活用─携帯電話基地局の運用データに基づく信頼性の高いビッグデータのまちづくりへの活用─(新階寛恭)
  • 4.視聴者に最適な「交通障害情報」を届ける─路線ごとの利用者分布エリアを人流ビッグデータで絞り込む─(木戸崇之)
  • 5.流動を捉える人口分布統計─新型コロナウイルス感染拡大下における人口変動分析─(加藤美奈・鈴木俊博)
  • 6.災害・イベント時の人口動態モニタリング─大阪北部地震・渋谷ハロウィン─(松島敏和)
  • 7.大規模位置情報データ連携がもたらす合理的根拠に基づく観光政策立案評価の実現(荒川 豊・石田繁巳・酒井幸輝・谷津ゆい子)

[N]《トピックス:2020年度研究会推薦博士論文速報》

《連載:<Info-WorkPlace委員会企画> 働き方を共有しよう!》


■Vol.62 No.8 (2021.7.15発行)


[D] 《特集:最新のデジタル・フォレンジック事情》
[E] 《特集:最新のデジタル・フォレンジック事情》

  • 1.デジタル・フォレンジックの概論と新しい問題(須川賢洋)
  • 2.最新のデジタル・フォレンジックにおける技術的課題(上原哲太郎)
  • 3.サイバー犯罪とデジタル・フォレンジックの課題─企業や組織における事前対策の備え─(北條孝佳)
  • 4.デジタル・フォレンジックとこれからの法律研究(小向太郎)
  • 5.デジタル・フォレンジックの普及状況について─関係者アンケートから考察するデジタル・フォレンジック─(小山 覚)
  • 6.盗まれた個人情報の市場価値~デジタル・フォレンジックに携わる現場より(松本 隆)

《解説》


[D] 《デジタルプラクティスコーナー:快適な運用管理を支えるインターネットと運用技術》(PDF版)

  • [FUJITSU ファミリ会]生命保険会社におけるパブリッククラウドの活用~機動的なシステムインフラ構築とコスト最適化を目指して~(白石征久・佐田野直樹・堀 仁人)

■Vol.62 No.7 (2021.6.15発行)

[D] 《小特集:触覚と情報処理》

  • 1.ウェルビーイングにおける触覚の役割─心の豊かさの多様性をつなぐテクノロジー─(渡邊淳司)
  • 2.触覚の情報化が拓く新しいコミュニケーション─身体拡張と身体融合の可能性─(⽥中由浩)
  • 3.共生社会へ向けた触覚を使ったワークショップ─「感じるスポーツラボ」の実践─(駒﨑 掲)
  • 4.支え合いと信頼の経済学─身体性とこれからの経済学に向けて─(⽝飼佳吾)
  • 5.PS5 用ゲームコントローラ「DualSense」はどのようにして生まれたか(⻄川善司)

《解説》

《連載:教科「情報」の入学試験問題って?》

《会議レポート》

 

■Vol.62 No.6 (2021.5.15発行)

[D] 《特集:デジタルアーキテクチャデザイン》

  • 1.Society 5.0 実現に向けたデジタルアーキテクチャデザイン(齊藤 裕・河野孝史)
  • 2.社会・産業アーキテクチャのデザイン(白坂成功)
  • 3.データ取引市場のアーキテクチャ─データ取引市場の実装と国際標準化─(眞野 浩)
  • 4.スマートシティのリファレンスアーキテクチャ─ Society 5.0 に準拠したアーキテクチャ構築とその展開─(藤田範人)
  • 5.社会課題解決に貢献する自然言語処理技術の社会実装と展開─ AI での人助けに何が必要か─(鳥澤健太郎)
  • 6.デジタル社会におけるAI ガバナンス─倫理と法制度─(中川裕志)
  • 7.デジタルアーキテクチャデザイン研究開発の基盤形成─産総研におけるデジタルアーキテクチャへの取り組み─(岸本光弘・関口智嗣)

《連載::<Info-WorkPlace 委員会企画> 働き方を共有しよう!》

 

■Vol.62 No.5 (2021.4.15発行)

[D] 《特集:より自由でより没入感の高いイマーシブメディア》

  • 1.超高臨場ライブ体験の開発と標準化(長尾慈郎・今中秀郎)
  • 2.イマーシブメディアに向けた音響技術─放送とMPEGを中心に─(杉本岳大)
  • 3.自由視点テレビFTVの原理(谷本正幸)
  • 4.MPEGが規格化に取り組む映像システム技術~新たな映像体験に向けて~(青木秀一)

《解説》


《連載:教科「情報」の入学試験問題って?》



[D] 《デジタルプラクティスコーナー:オープンサイエンスを支える研究データ基盤》(PDF版)
[H] 《デジタルプラクティスコーナー:オープンサイエンスを支える研究データ基盤》(HTML版)

  • 1.[解説論文]オープンサイエンスと研究データ管理の動向(青木学聡)
  • 2.[解説論文]統合データベースプロジェクトから学ぶこと(高木利久)


[D] 《デジタルプラクティスコーナー:感性情報学 最前線》(PDF版)
[H] 《デジタルプラクティスコーナー:感性情報学 最前線》(HTML版)

  • 1.[招待論文]感情認識AI「心sensor」の教育現場導入に向けた実証実験(齋藤 学)
  • 2.[解説論文]ユーザの感性情報を用いた動的なコンピュータシステム(竹之内宏)
  • 3.[招待論文]遠隔地間の味コミュニケーションを想定した対話型進化計算による混合飲料生成システムの改善(福本 誠・花田良子)
  • 4.[招待論文]対話型進化計算システムにおける一対比較評価の有用性(竹之内宏・徳丸正孝)
  • インタビュー/座談会 最前線に立つ実務家と研究者が見る感性情報学の今と未来  インタビュー:心sensorについて(インタビュイー:齋藤 学・インタビュア:江谷典子) 座談会:対話型進化計算の未来(参加者:竹之内宏・福本 誠・花田良子・徳丸正孝 司会:竹之内宏)
  • グロッサリ


■Vol.62 No.4 (2021.3.15発行)


[D] 《特集:面白いぞ量子技術》

  • 1.量子コンピュータのあけぼの─今そこにある量子コンピュータに触れよう(今井 浩)
  • 2.量子アニーリングは死んだのか─研究の現状から思うこと─(大関真之)
  • 3.量子技術を利用した次世代アクセラレータの活用(多和田雅師・田中 宗・松田佳希・楊 天任)
  • 4.量子コンピュータを用いた金融計算(宇野隼平)
  • 5.量子コンピュータと量子化学計算─量子コンピュータによって量子化学は恩恵を受けるのか?─(大⻄裕也)
  • 6.量子計算は機械学習に使えるか─近未来/誤り耐性量子計算のための量子アルゴリズム─(御手洗光祐)
  • 7.ダイヤモンド量子センサの可能性─ピンクダイヤモンドが高感度なセンサに─(波多野睦子)
  • 8.量子暗号の原理と実用化に向けた動向─絶対安全な通信の実現に向けて─(水谷明博)
  • 9.量子コンピュータハッカソン─コミュニティによる量子人材育成─(小林有里・松尾惇士・沼田祈史)

[N] 《特集:面白いぞ量子技術》


[D] 《解説》

  • 「情報教育課程の設計指針」解説(萩谷昌己)


[E] 《特集:面白いぞ量子技術》epubにて一部テスト公開中!


■Vol.62 No.3 (2021.2.15発行)

[D] 《特集:DX(デジタル・トランスフォーメーション)時代のサプライチェーン・セキュリティ~サプライチェーンにおけるトラスト(信頼)の構築に向けて~》

  • 1.サプライチェーンにかかわるセキュリティを確保するための仕組みと制度〜社会的な説明責任を果たすためのアプローチ〜(石黒正揮)
  • 2.サイバー・フィジカル・セキュリティ・フレームワークを活用したサプライチェーン・セキュリティの確保(奥家敏和)
  • 3.サプライチェーン・セキュリティの脅威と対策の動向(小川隆一・小山明美)
  • 4.制御機器のセキュリティ認証制度(神余浩夫・山田 勉)
  • 5.第三者認証によるサプライチェーン・セキュリティの確保とアシュアランス(登山慎一・Ethiraj, Sudhir Kumar Raj)
  • 6.米国を中心とした第三者機関によるセキュリティ評価の動向─製品リスク評価のためのセキュリティ認証─(吉岡俊郎)
  • 7.ソフトウェア部品表(SBOM)に基づくリスク管理─オープンソース・ソフトウェア(OSS)および商用ソフトウェアのリスク管理のためのSBOM ─(松岡正人)

■Vol.62 No.2 (2021.1.15発行)

[D] 《特集:AI画像診断が医療現場を変える》

  • 1.AI画像診断の全体像と将来の展望─医師を助ける“第三の目”─(藤田広志)
  • 2.医療画像AIのもたらす未来─大動脈瘤の取り組みをもとに─(荒木健太・小倉正彦)
  • 3.外科治療AI(諸岡健一)
  • 4.眼底写真(光学系)の診断支援─眼底AIの開発状況と期待─(畑中裕司)
  • 5.歯科パノラマエックス線画像によるAI診断(塩澤 繁)

[D] 《デジタルプラクティスコーナー:変革の先にあるコンタクトセンター》(PDF版)
[H] 《デジタルプラクティスコーナー:変革の先にあるコンタクトセンター》(HTML版)

    招待論文
  • 1.CX創造を牽引するVOC分析機構〜顧客に真摯に向き合うことで生まれる顧客体験価値の創造サイクル 〜(松丸 剛)
  • 2.新しいナレッジマネジメントの方法論・KCSの導入と成果について(田口 浩)
  • 3.コンタクトセンタにおけるCXマネジメントの実践─CXの理解とディジタル化の両立─(大貫竜平)
  • 4.顧客との関係の質を高めることがコールセンタの価値となる─経営貢献するコールセンタの実証実験─(宮脇 一)
  • 5.コンタクトセンタのMBA 講座   経営視点からのコンタクトセンタの活用(宮﨑義文)
  • 6.経験学習と問題解決スキル─問題解決養成塾SV研究会から見えてきた習得方法の極意─(寺下 薫)
  • 座談会:変革の先にあるコンタクトセンターに向けて(参加者:松丸 剛・田口 浩・大貫竜平・宮脇 一・宮﨑義文・寺下 薫・河合 洋)

■Vol.62 No.1 (2020.12.15発行)

《特別解説》

  • [D] あなたにとって「情報」は入試科目ですか? の歴史(辰己丈夫)

[D] 《特集:AI 人材教育》

  • 1.日本のAI 戦略(安西祐一郎)
  • 2.滋賀大学におけるAI 人材教育(竹村彰通)
  • 3.長岡高専におけるAI 人材教育─ AI を自然に使いこなすAIR Tech エンジニアの育成─(池田富士雄)
  • 4.早稲田大学におけるAI 人材教育─学生から社会人まで─(松嶋敏泰)
  • 5.システム・インテグレーション企業におけるAI 人財・デジタル人財の育成の取り組み(末永高志・山口瑶子)

■Vol.61 No.12 (2020.11.15発行)

[D] 《特集:情報と防災~研究者が展望する災害情報システムの未来~》

  • 1.地震観測のこれまでと未来—次世代の情報研究者への期待—(平田 直)
  • 2.「防災×情報」の基盤と将来への期待(臼田裕一郎)
  • 3.なぜ防災情報システムは使えないのか?(秦 康範)
  • 4.これからのICT防災をどのように育てていくか—求められるシステム像は何か—(畑山満則)

《コラム》

■Vol.61 No.11 (2020.10.15発行)

[D] 《特集:DX(デジタルトランスフォーメーション)》

  • 1.DX(デジタルトランスフォーメーション)とは何か?—DXの現状と展望,情報処理技術の課題と機会—(青山幹雄)
  • 2.政府におけるDXの推進施策と政策展開(和泉憲明)
  • 3.国内におけるDX の現状と分析─ DX 推進指標を用いた計測と分析結果の考察─(岡村輝太・河野太基・室脇慶彦・浅野絢子)
  • 4.イノベーション創出のための要求工学の課題—エンジニアリング,デザイン,サイエンス,アート視点の融合による解決へのアプローチ—(位野木万里)
  • 5.DXに向けた既存システム分析・活用の最新技術(松尾昭彦)
  • 6.DX が提起する人材,教育,雇用のデジタル化(青山幹雄)
  • 7.製造業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の現在と将来(浦本直彦)
  • 8.航空会社におけるDXの取り組み—イノベーションによるESとCSの実現—(三浦明彦)
  • 9.製薬業界におけるデジタルトランスフォーメーション先進事例─中外製薬における事例─(志済聡子)
  • 10.DXによる部品加工プラットフォーム—高精度部品加工技術における脱・属人化と共有知—(山本勇輝)
  • 11.Society 5.0時代の価値協創型DXの実現に向けて~Lumadaへの取り組み~(馬場貴成・長岡晴子・小川秀人)
  • 12.クラウドコンピューティングの役割(岡嵜 禎)

[D] 《デジタルプラクティスコーナー:スポーツテック》(PDF版)
[H] 《デジタルプラクティスコーナー:スポーツテック》(HTML版)

    招待論文
  • 1.3Dセンシング・技認識技術による体操採点支援システムの実用化(桝井昇一・手塚耕一・矢吹彰彦・佐々木和雄)
  • 2.日本野球市場に練習革命を起こす—センサ内蔵野球ボールを活用した野球指導効率化に向けた取り組みから—(柴田翔平・加瀬悠人・稲毛正也)
  • 3.バーチャルリアリティでスポーツ脳を理解し鍛える(木村聡貴)
  • 4.単一慣性センサを用いた競泳指導サポートシステム(髙橋弘毅・大前佑斗・酒井一樹・秋月拓磨・塩野谷明)
  • 5.カーリングの競技支援を目的とした工学的アプローチによる実証型研究(桝井文人・伊藤毅志・山本雅人・河村 隆・竹川佳成・松原 仁)
  • 座談会:スポーツテック(参加者:木村聡貴・柴田翔平・髙橋弘毅・桝井昇一・桝井文人/司 会: 吉野松樹・相原伸平)
  • JISA招待論文
  • 声の権利化と流通を実現する音声合成サービス—一般人から有名人まで多種多様な声が使える新しいプラットフォーム—(金子祐紀・平林 剛)

■Vol.61 No.8 (2020.7.15発行)