採録論文一覧

採録論文一覧

2021年11月24日更新
  • 今月採録論文

    ◇新沼広大、廣瀬善大、今井英幸:ハンディキャップのある対戦に対するBradley--Terryモデルの適用

    ◇神崎映光、坂本大河:UAV協調型センシングにおける残余電力を考慮した動作制御手法

    ◇大嶋政親、沼尾雅之:RFIDタグアレイを利用した非画像信号からの画像復元法とトイレ行動認識システムへの応用

    ◇村井源:既存作品中の物語の基本パターンに基づく物語構造の自動生成

    ◇齊藤鉄也:本文表記のNgramを用いた室町時代書写の源氏物語写本の分類

    ◇白井圭佑、松崎真里、森信介、後藤真:人名辞典からの知識抽出

    ◇吉賀夏子、堀良彰、只木進一、永崎研宣、伊藤昭弘:郷土に残存する江戸期古記録の機械可読化を目的とした市民参加および機械学習による固有表現抽出

    ◇永崎研宣、大向一輝、下田正弘:仏教学のためのデジタル学術編集システムの構築に向けたモデルの提案と実装

    ◇小川潤、永崎研宣、大向一輝:一次史料における時間的コンテキストを含む社会関係記述モデルの提案と実践

    ◇莊司慶行、相原健郎、大島裕明、神門典子、白石晃一、中島悠太、山本岳洋、山本祐輔:提示型検索モデルに基づくミュージアム電子ガイドとその利用ログを用いた事前学習・事後学習支援

    ◇堤智昭、田島孝治、小助川貞次、高田智和:訓点データベースと点図の自動判別

    ◇小川時央、小林桂、安斎彩季、星野准一:民話体験を拡張する一人称VRストーリーテリングシステム

    ◇喜友名朝視顕、平澤寅庄、小町守、小木曽智信:事前学習モデルを用いた近代文語文のニューラル機械翻訳

    ◇齋藤文人、中西泰人:垂直方向の加速度の知覚強度を増幅する錯視技法

    ◇武田十季、新島有信、小池幸生:音像定位を利用した単一振動子による運指表現手法の提案

    ◇池松香、加藤邦拓、川原圭博:LightTouch: 画面発光をタッチ入力に変換するタッチスクリーン用ガジェット

    ◇清水裕介、大西鮎美、寺田努、塚本昌彦:DeskWalk: パソコンを利用した作業時のキー入力を身体動作で置き換えることによる運動不足解消システム

    ◇赤堀渉、中谷桃子、橋本遼、山下直美:COVID-19の流行による在宅勤務時の職場の同僚間の関係性とメンタルヘルスの分析

    ◇島田雄輝、薄羽大樹、宮下芳明:視線を用いた1次元ポインティングにおける1次サッカードエラー率のモデル化

    ◇Yuka Tanaka, Takuto Nakamura, Hideki Koike: Posture-based Golf Swing Instruction using Multi-modal Feedback

    ◇折原征幸、塚田浩二:PartsSweeper: 電子部品や工具をさりげなく整理するインタラクティブ・デスクの研究

    ◇西ノ平志子、松井博和、大島千佳、中山功一:ギター演奏支援装置“F-Ready”の開発

    ◇小俣敦士、石川翔吾、中野目あゆみ、香山壮太、宗形初枝、坂根裕、桐山伸也:組織全体の認知症ケアスキル向上のためのビデオコーチング環境の実証実験と介入指導インタラクションの分析

    ◇落合桂一、寺田雅之:人の移動データに基づく地域のクラスタリングと入込観光客数予測への応用

    ◇伊藤太清、神崎映光:自律移動型UAVの協調動作を用いた効率的な探索データ収集手法

    ◇谷口秀夫、高杉頌、額田哲彰、佐藤将也:揮発性/不揮発性メモリ混載計算機での高速なプログラム実行を可能にするOFF2Fプログラムの性能評価

    ◇宗森純、堤野理貴、伊藤淳子:脈拍データを用い風で刺激する脈拍上昇抑制システムの開発

    ◇中田有哉、重安哲也:NDNにおけるキャッシュの冗長性排除を目的とした人気コンテンツ集約

    ◇野呂正明、高野陽介、小口直樹、阿部俊二:検査パケットによる帯域圧迫を抑制可能なL2ループ検出手法

    ◇Yudai Yahara, Arata Kato, Mineo Takai, Susumu Ishihara: On Interactions between Evacuation Behavior and Information Dissemination via Heterogeneous DTN

    ◇勝間亮、田中純之介:五本指でのタップ動作による仮名入力規則の評価

    ◇斉藤裕樹、谷森一貴:チャットコミュニケーションの構造的特徴分析に基づく集団活動の生産性評価

    ◇三原翔一郎、吉川慧司、村上隆秀、新保宏之:ミリ波無線通信システムの受信信号強度とRGB-Dカメラ動画像を用いた通信端末の位置推定

    ◇溝口貴大、浅井菜々香、重野寛:モバイルクラウドセンシングにおける複数タスクオークションを考慮した持続的なインセンティブメカニズム

    ◇豊田睦、佐竹颯太、武藤晟、重野寛:Vehicular Edge Computingにおけるコンテナ応答時間を削減するためのコンテナ再配置手法

    ◇松井雄資、吉廣卓哉:宛先到着遅延を考慮して渋滞を緩和する自動車の経路誘導手法

    ◇宗森純、小形紘右、伊藤淳子:複数人の観光における休憩の指標を導入した観光支援システムの開発

    ◇木村圭希、新居英志、滝沢泰久:開放環境無線センサネットワークにおける自己組織化マップを用いた改ざんノード協調的排除方式

    ◇川田千尋、北之馬貴正、滝沢泰久:屋内環境におけるトポロジ多重化を用いた集約型自己組織化位置推定方式とその実装評価

    ◇Yoshihiro Nakagawa, Toru Maeda, Akira Uchiyama, Teruo Higashino: BAAS: Backscatter as a Sensor for Ultra-Low-Power Context Recognition

    ◇舟阪淳一:複数の経路において複数のTCP接続を用いるタイマ駆動のプログレッシブダウンロード方式

    ◇村田航希、山本規吉、川上朋也:需要分布に基づくロードプライシングにおける計算量削減とミクロ交通シミュレーションによる評価

    ◇久保達也、川上朋也:複数の時間間隔に基づくオーバレイネットワークにおけるルーティング効率化手法

    ◇岩村恵市、ムハンマドカマル、アフマドアクマルアミヌディン:誤り訂正符号を用いた秘密分散による効率的な秘匿部分一致検索

    ◇小山智之、串田高幸:検索クエリに配慮した配置による分散ログ検索の高速化

    ◇Yutaro Kobayashi, Kentaro Honda, Sasuga Kojima, Hiroshi Fujimoto, Masato Edahiro, Takuya Azumi: Mapping Method Usable with Clustered Many-core Platforms for Simulink Model

  • 採録論文(過去1年分)