ISディジタル辞典~重要用語の基礎知識~(第2版)公開!!

ISディジタル辞典とは

名称の通りディジタル形態であり,キーワード検索が容易である.同時に,情報システムの学問的な分野としての位置づけを重視している.その構成は,1章“情報システムの基礎”,2章“情報システムの開発・保守・運用とその技法”,3章“実社会の情報システム”から成っている.IS研究会を母体とした編集委員会の手によって2012年4月に初版を公開.それから 7年以上が経過し,クラウドサービスやIoT, ビッグデータの進展など情報システムを取り巻く環境が様変わりしたことから,このたび大幅な改訂を行った.第二版の収録項目は,新規項目を合わせて450件に達し,執筆者も総勢90名を超えた.

改訂のポイント

初版の編集方針や辞典基本構成を堅持しつつ,項目の内容見直し・増補のほか,検索インタフェースの改善に努めた.1章では,近年の動向を踏まえて,特に重要と思われる用語を追加した.2章では,ISO/IEC/IEEE 15288の2015年改訂に基づき,システムズエンジニアリング関連の用語を大幅に追加した.3章では,社会で実用されている情報システムを基幹系,業務系,情報系,OA系,サービス系に分類し,その代表的な情報システムについて可能な限り取り上げた.

調査研究担当への問い合わせフォーム