カタカナ語末尾の長音符号に対する情報処理学会の対応について

 

2009年1月23日
情報処理学会

 標記について情報処理学会として対応を検討してきましたが、その結果、

 (1)当面は現行通りの対応(3音節以上はのばさない)とする

 (2)世の中の推移を注意深く見守り、今後必要に応じて再検討する

 ことに決まりましたのでお知らせいたします。

   使用例:コンピュータ、プリンタ

 

会誌編集部門への問い合わせフォーム