第176回ヒューマンコンピュータインタラクション研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

■開催期間:   2018年1月22日(月)-23日(火)
■開催場所:   琉球大学 50周年記念館
http://www.u-ryukyu.ac.jp/univ_info/campus_map.html の30番)
■テーマ:    旅とインタラクション
■最新情報は研究会のWebページをご覧ください.

【2018年1月22日(月)】
09:40 : 開場
10:10 - 11:50 : 一般発表 VR,心理
(1) バイオリン初心者のためのマルチモーダル情報提示によるポジショニング学習支援システムの設計と実装
齊藤 塁,竹川 佳成,平田 圭二(公立はこだて未来大学)
(2) e2-Maskからmime-Mask: 顔の印象を拡張する仮面型ディスプレイの提案
梅澤 章乃(公立はこだて未来大学),竹川 佳成(公立はこだて未来大学),杉浦 裕太(慶應義塾大学),平田 圭二(公立はこだて未来大学)
(3) R-V Dynamics Illusionが内容量の推定に与える影響の分析
奥川 夏輝,片岡 佑太,橋口 哲志,柴田 史久,木村 朝子(立命館大学)
(4) 直線運動と回転運動が共存する場合のベクション効果に関する分析と考察 (2) ~直線と回転の運動方向についての拡張実験~
古賀 宥摩,石津 航大,橋口 哲志,柴田 史久,田村 秀行,木村 朝子(立命館大学)

13:00 - 14:15 : 一般発表 言葉,声
(5) Soramimic - 限定された単語による空耳日本語文自動生成システムの開発
島谷 二郎,中村 泰(大阪大学)
(6) テキストチャットによるクレーム対応における話者の怒り感情を抑制する対話エージェント
倉本 到(大阪大学),馬場 惇(サイバーエージェント),小川 浩平(大阪大学),吉川 雄一郎(大阪大学),川端 貴幸(サイバーエージェント),石黒 浩(大阪大学)
(7) 声量制御のための音声フィードバック手法の検証
原 史也,竹川 佳成,平田 圭二(公立はこだて未来大学)

14:25 - 15:40 : 一般発表 案内
(8) 史跡等屋外展示施設におけるAR案内システムの開発
津波古 正寿(琉球大学),赤嶺 有平(琉球大学),根路銘 もえ子(沖縄国際大学)
(9) ドローンを用いたウェアラブルな歩行牽引デバイスの構築
高田 崚介(筑波大学),山田 渉(NTTドコモ),真鍋 宏幸(NTTドコモ),志築 文太郎(筑波大学)
(10) 実店舗での購買支援を目的とした 複合現実空間内の仮想キャラクタシステム
藤田 智(筑波大学),河田 隼季(筑波大学),益子 宗(楽天),星野 准一(筑波大学)

15:50 - 17:05 : 一般発表 移動
(11) 人はカーウィンドウを通してどのように風景と関わり合うのか:インタラクティブカーウィンドウの設計と評価
松村 耕平(立命館大学),David Kirk (Northumbria University)
(12) 3DPrinCar:行き先に応じた物品を推薦・提供する乗用車
秋山 耀,宮下 芳明(明治大学)
(13) 地域回遊促進イベントにおけるユーザ体験に関する一考察
飯塚 重善(神奈川大学)

17:10 - 17:50 : 招待講演1
(14) Qoom: 実時間追跡と実時間投影を用いた球体型インタラクティブディスプレイ
宮藤 詩緒(東京工業大学)

17:50 - 17:55 : 表彰式
18:15 : 懇親会に向けてバス移動


【2018年1月23日(火)】
09:40 : 開場
10:00 - 11:40 : 一般発表 学習,創造
(15) 複合現実空間での前腕の半透明表現が痛覚に与える影響の分析
三浦 勇樹,橋口 哲志,柴田 史久,田村 秀行,木村 朝子(立命館大学)
(16) 経験学習に基づいた技能継承手法のマネジメントスキルに対する実践と評価
村山 卓弥,定方 徹,井原 雅行,楠見 孝(NTTサービスエボリューション研究所)
(17) 棄却文章断片の創造的文章作成時における活用可能性の検証
生田 泰章,高島 健太郎,西本 一志(北陸先端科学技術大学院大学)
(18) 参加型デザイン手法を用いたミシンサービスの提案
中司 智朱希,岡本 誠(公立はこだて未来大学)

12:50 - 14:55 : 一般発表 人とシステム
(19) 手書きとフォントの融合による視認性向上と書き手の抵抗軽減に関する調査
佐々木 美香子,斉藤 絢基,新納 真次郎,又吉 康綱,中村 聡史,鈴木 正明(明治大学)
(20) 利き手・非利き手の平均手書き文字における類似性の検証
佐藤 大輔,新納 真次郎,中村 聡史,鈴木 正明(明治大学)
(21) 小型ロボットを用いた自己客体視システムによる思考変容の誘発
高橋 英之,島谷 二郎,小山 虎,吉川 雄一郎,石黒 浩(大阪大学)
(22) 仮想空間における上肢伸長感覚の誘発要因の分析
孫 洪,木村 朝子,柴田 史久(立命館大学)
(23) 周辺視野への視覚刺激提示がプログレスバー待機時間に与える影響
松井 啓司(明治大学),中村 聡史(明治大学),鈴木 智絵(ヤフー),山中 祥太(ヤフー)

15:05 - 15:45 : 招待講演2
(24) 根無し草がHCI業界に漂着し居着くまで
河野 恭之(関西学院大学)

 

調査研究担当への問い合わせフォーム