第100回オーディオビジュアル複合情報処理研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

発表募集

【期 日】 2018年3月6日(火)、7日(水)
【会 場】 沖縄セルラー電話株式会社 会議室
     (〒900-8540 沖縄県那覇市松山1丁目2番1号)
【テーマ】 VR x AI

2018年3月のAVM研究会では「VR x AI」をテーマにした発表を募集します.
VR(仮想現実)は現実とは別の時空間を仮想的に体験することを可能とし,AI(人工知能)は現実世界に対して仮想的に知性や知能を持つヒトやモノを提示します.両者は独立して研究されてきた技術ですが,近年の大量の事例やデータをセンシング・分析する深層学習等の技術の発展に伴い,両者は相互に利用しあう関係になってきました.VRではAIにより生成される空間を仮想空間として提示することも可能になりシミュレーションへ応用可能となります.またAIにとってはVR空間での体験を通じて得られるヒトのセンシングデータの活用がさらなるAIの発展につながっています.
VRの表示・センシングデバイスが普及してきている今は,VRとAIの両分野に関する知見や課題、将来の研究を議論するのにふさわしいタイミングと思います.そこでAVMの3月研究会では以下のようなトピックを中心に,VRとAIに関連する幅広い研究発表を募集します.

また3月研究会では特別講演とパネル討論を予定しています.
特別講演としては,VRを含む最新の画像処理・符号化の国際標準化動向について,NTTメディアインテリジェンス研究所上席特別研究員の高村誠之氏よりご講演をいただく予定です.
パネル討論については,高臨場映像とロボットとのコラボレーションについて研究をされている,URCF URI WG(超臨場感産官学フォーラム 超臨場インタフェース WG)メンバ有志にご参加いただき,現状の課題や今後の研究分野の発展について議論いただく予定です.

■募集トピック
 VRシステム
 多感覚システム
 拡張現実(AR)
 高臨場感画像・映像符号化
 多視点画像処理
 マルチチャネル音響処理
 画像生成
 各種データセンシング
 ロボット制御
 深層学習利用によるデータ分析
 コンピュータグラフィクス
 コンピュータビジョン
 画像認識
 映像音声処理
 信号処理

■特別講演(予定)
 「画像・映像符号化技術に関する最近の動向」
  講師:NTTメディアインテリジェンス研究所 上席特別研究員 高村誠之 氏

■パネル討論(予定)
 「高臨場映像とロボットのコラボレーション」
  講師:URCF URI WG(超臨場感産官学フォーラム 超臨場インタフェース WG)メンバ
  参加予定:
   中京テレビ       川本哲也 氏
   湘南工科大学 教授  堀越 力 氏
   ソフトキューブ株式会社  加納 裕 氏
   慶応義塾大学     宮澤 篤 氏

【発表申込方法】
     以下URLの「発表申込」メニューからお申込ください。
     https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/avm
     ※【研究会への連絡事項】欄で学生セッションの希望についてご回答ください。

【発表申込締切】
     2018年1月22日(月) 23:59 必着

【原稿提出締切】
     2018年2月14日(水) 23:59 必着
     ※23時59分を過ぎるとシステムに投稿できなくなります。
      締切に遅れると発表キャンセルとなりますのでご注意ください。
      また、フォントの埋め込みがされていないとアラートが出ます。
      お早目にご投稿くださいますようお願い致します。

【原稿枚数】
一般セッション:6ページ以内
        学生セッション:2ページ(最大6ページ)

【問合先(幹事)】
       野中敬介(KDDI総合研究所)
       E-mail:ki-nonaka[at]kddi-research.jp  ※[at]を@に置き換えてください。
 

調査研究担当への問い合わせフォーム