論文誌編集規程の改訂について


論文誌運営委員会
論文誌編集委員会


 第607回理事会(平成28年3月28日開催)におきまして、「二重投稿」「剽窃・盗用論文」「著者変更」「異議申し立て」に関して、論文編集規程の変更が承認されました。また、この変更に伴い「論文誌ジャーナル(IPSJ Journal)原稿執筆案内」の該当箇所の更新、および「二重投稿・剽窃・盗用に関するよくある質問」が新設されました。


(1)二重投稿について
 第4条第2項で罰則が追加されました。編集委員会により二重投稿と判断された場合には、投稿論文の全著者に対する本会の全論文誌への1年以下の投稿禁止が適用されると共に、謝罪文の提出が求められます。

(2)剽窃・盗用論文について
 第5条の2に、剽窃・盗用論文の不採録及び罰則についての条項が追加されました。

(3)著者の変更について
 第7条の2に、著者の変更について条項が追加されました。原則著者変更は認められませんが、同条第2項において認められる場合を示しています。

(4)異議申し立てについて
 第8条の2に、異議申し立ての条項が追加されました。



以上

論文誌ジャーナル/JIP担当へお問い合わせフォーム