論文誌「E-Service and Knowledge Management toward Smart Computing Society」特集 論文募集

2014年8月4日
2014年12月17日更新
論文誌ジャーナル編集委員会


 人を中心に捉え、人に優しい、人の暮らしを豊かにするスマート社会構想の実現に向け、人の暮らしの中の様々で膨大な行動・利用のデータをフィードバックとして受け取り、新たなイノベーションの創出源とし、暮らしの豊かさを促進する新たなサービス創出の試みが活発になされています。そこで本特集号では、スマート社会で求められるeサービス技術、サービス創出技術、サービス創出に必要となる知識のマネージメント技術、スマート社会に求められる情報基盤技術等についての研究成果を募集いたします。奮ってご投稿くださいますようご案内いたします。

投稿要領

(1)論文の執筆要領
「情報処理学会論文誌(IPSJ Journal)」原稿執筆案内によります。
論文は電子投稿により受け付けますので、下記のURLにアクセスし、電子投稿の要領に従って手続きを進めてください。なお、このURLは日本語論文専用です。英語論文の投稿先は異なりますので、十分にご確認の上、ご投稿ください。
https://www.ipsj.or.jp/prms/author_pre_submit.do

※論文の言語は日本語または英語ですが、英語論文の場合は上記のURLではなく、下記からお願いします。
https://www.ipsj.or.jp/prms/author_pre_submit_en.do
論文募集の英語版はJIP (Journal of Information Processing) のページよりご覧ください。

(2)査読手続き
通常の論文誌投稿論文と同一ですが、特集号編集期限の関係上、著者への照会期間は通常(2ヶ月)より短縮されますので、投稿に際し、あらかじめご了承ください。

(3)投稿締切 2014年12月19日(金) 2015年1月9日(金) *締切延長しました

(4)特集号予定 2015年10月号

(5)掲載料に関する補足
採択された日本語の論文は規定の掲載料が必要になりますが、英語論文の掲載料は必要ありません。情報処理学会論文誌では2010年8月1日から2015年7月31日までに投稿された英語論文の掲載料は無料となっています。

(6)特集号編集委員
編集委員長:峯 恒憲(九州大学)
幹   事:藤田桂英(東京農工大学)
委   員:福田直樹(静岡大学)、松尾徳朗(産業技術大学院大学)、栗原 聡 (電気通信大学)、八槇博史 (東京電機大学)、廣川佐千男(九州大学)、大須賀昭彦(電気通信大学)、橋本喜代太(大阪府立大学)、石井直宏 (愛知工業大学)、Antoine BOSSARD (産業技術大学院大学)

以上

論文誌ジャーナル/JIP担当へお問い合わせフォーム