関連団体からの各種賞・助成等のお知らせ

最終更新日:2017年7月12日

※各々の詳細は主催団体にご確認ください。

 

賞・助成等

対象等

内容/件

応募等締切

主催団体照会先

■第31回海外派遣研究助成

国際学会、シンポジウム等への参加、あるいは短期間の共同研究のための研究者の海外派遣を助成

1件30万円以内

平成30年1月12日(金)

(公財)ブレインサイエンス振興財団
※リンク先
Tel
03-3273-2565

■第31回海外研究者招聘助成

脳科学研究分野において、独創的テーマに意欲的に取り組んでいる外国人研究者の短期間の招聘を助成

1件30万円以内

平成30年1月12日(金)

(公財)ブレインサイエンス振興財団
※リンク先
Tel
03-3273-2565

■国際日本研究フェローシップ

招聘対象者:1)日本語, 日本語教育, 日本文学,日本文化の研究者, 2)高等教育機関・研究機関に所属、3)海外在住者 4)招聘期間中継続して日本に滞在することが可能であること ※詳細はリンク先参照

渡航費、滞在費、研究費等

20171031
※募集期間
2017
6月9日から1031日まで

博報財団「国際日本研究フェローシップ」事務局
※リンク先
Tel
036435-8140

■第13回児童教育実践についての研究助成

「ことばの教育」に関する研究、児童教育実践の質を向上させる研究

1件300万円

201710月31日(火)

(公財)情報児童教育振興会
※リンク先
Tel
.03-5570-5008

■塚原仲晃記念賞

生命科学の分野において優れた独創的研究を行っている、当該年度において50歳以下の研究者

賞牌、副賞100万円

201710月13日(金)

(公財)ブレインサイエンス振興財団
※リンク先
Tel
03-3273-2565

■第32回研究助成

脳科学の広い分野における研究

1件80-100万円

201710月13日(金)

(公財)ブレインサイエンス振興財団
※リンク先
Tel
03-3273-2565

■東レ科学技術賞・東レ科学技術研究助成

科学技術賞:(1)学術上の業績が顕著な方,(2)学術上重要な発見をした方,(3)効果が大きい重要な発明をした方,(4)技術上重要な問題を解決して技術の進歩に大きく貢献した方
科学技術研究助成:自らのアイディアで萌芽的研究に従事しており、かつ今後の研究成果が科学技術の進歩、発展に貢献するところが大きいと考えられる若手研究者(原則として推薦時45歳以下)。本助成が重要な研究費と位置付けられ、これにより申請研究が各段に進展すると期待されることが要件

科学技術賞:賞状,メダル,賞金500万円、2件以内
科学技術研究助成:1件最高3千万円程度まで、計10件程度

学会推薦締切:201710月10日()必着

公益財団法人 東レ科学振興会
※リンク先
Tel (03)6262-1655
 
※学会推薦を要するため推薦書は情報処理学会管理部門宛に提出のこと

■海外渡航旅費援助募集

大学及び高専の40歳以下の研究者であって、所属する機関の長の推薦を受けた方
※詳細はリンク先参照

地域別に定められた金額を上限とし、学会の開催地までの往復航空運賃と滞在費の一部とします。

平成28年12月、平成29年2月、4月、6月、8月、10月の各1日まで

電気通信普及財団事業部
※リンク先
Tel.03-3580-3411

■第39回沖縄研究奨励賞

(1)沖縄を対象とした優れた研究を行っている(2)平成29年7月15日現在50歳以下(3)学協会、大学、研究機関または実績のある研究者から推薦を受けた者(4)出身地及び国籍は問わない。

賞状、研究助成金50万円

平成29年9月30日

(公財)沖縄協会「沖縄研究奨励賞」係
※リンク先
Tel 098-997-3011

■倉田奨励金

国内の研究機関(博士後期課程を有する研究科、同研究科に係る学部、または文部科学省科学研究費補助金を申請することができる法人)に所属する研究者を対象とします。ただし国籍は問いません。

奨励金

平成29年9月30日

公益財団法人 日立財団「倉田奨励金」事務局
※リンク先
Tel 03-5221-6677

■島津科学技術振興財団
島津賞

科学技術,主として科学計測に係る領域における基礎的研究および応用・実用化研究において、著しい成果をあげた功労者

賞状、賞牌、賞金500万円

学会推薦締切:2017930

公益財団法人 島津科学技術振興財団
※リンク先
Tel
075823-3240
※学会推薦を要するため推薦書は情報処理学会管理部門宛に提出のこと

■島津科学技術振興財団
研究開発助成

科学技術,主として科学計測に係る領域における基礎的研究を行う原則として、国内の研究機関に所属する45歳以下の新進気鋭の研究者(国籍は問いません)

研究開発助成:100万円以下/件

2017930

公益財団法人 島津科学技術振興財団
※リンク先
Tel
075823-3240

■公益財団法人中谷医工計測技術振興財団 中谷賞

1)対象研究分野
医工計測および関連技術

2)表彰対象
※詳細はリンク先参照

賞金総額1,000万円

2017年9月30日(土)

公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団
※リンク先
Tel
035719-2125

■丹羽保次郎記念論文賞

情報工学等の関連分野を含む、広い意味の電子通信工学関係者のうち以下に該当するもの
(1)
大学院学生(修士課程及び博士課程)
(2)
大学院修了又は満期退学後2年(応募時において)以内の者
対象となる論文は次の条件を満足するもの
(1)
掲載期間:平成2791日~平成29831
(2)
著者:応募者の単著、又は共著の場合には本人の寄与が大部分のもの
(3)
次のような学会誌に掲載された1論文を対象:電子情報通信学会、電気学会、映像情報メディア学会、日本音響学会、情報処理学会、応用物理学会、日本物理学会、IEEE等国内外の学会の学会誌及び論文誌等

本賞ならびに副賞

学会推薦締切:平成299月8日(金)必着

東京電機大学
丹羽保次郎記念論文賞事務局
※リンク先
Tel (03)5284-5230
 

■第15回MCPC award 2017

モバイル、ワイヤレス技術およびM2M/IoTを活用した先進的な事例、あるいはプロダクト事例

表彰、副賞

2017年8月31日()

 

モバイルコンピューティング推進コンソーシアム
※リンク先
Tel
.03-5401-1935

■平成30年度全国発明表彰

第1表彰区分:科学技術的に秀でた進歩性を有し、かつ、顕著な実施効果を挙げている発明等が対象

第2表彰区分:科学技術的に秀でた進歩性を有し、かつ、中小・ベンチャー企業、大学及び公設試験研究機関等の研究機関に係る発明等が対象

※詳細はリンク先参照

平成29年8月31日()

 

(公社)発明協会発明奨励グループ
※リンク先
Tel
03-3502-5431

■朝日賞

人文や自然科学など、我が国の様々な分野において傑出した業績をあげ、文化や社会の発展、向上に多大な貢献をされた個人または団体

正賞、副賞

平成29年8月25日()

 

朝日新聞社CSR推進部「朝日賞」事務局
Tel
.03-5540-7453

※学会推薦を要するため推薦票は情報処理学会管理部門宛に提出のこと

■公益財団法人中谷医工計測技術振興財団 調査研究助成

1)対象研究題目
医工計測および関連技術

2)助成対象
※詳細はリンク先参照

予算額:1件最大300万円

2017年8月20日()
募集期間:
2017
年6月20日から8月20日まで

 

公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団
※リンク先
Tel
035719-2125

■公益財団法人中谷医工計測技術振興財団 技術開発研究助成

1)対象研究題目
医工計測および関連技術

2)助成対象
※詳細はリンク先参照

予算額:開発研究:1件最大400万円、奨励研究:1件最大200万円

2017年8月20日()
募集期間:
2017
年6月20日から8月20日まで

 

公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団
※リンク先
Tel
035719-2125

■公益財団法人中谷医工計測技術振興財団 技術開発研究助成 特別研究助成

1)対象研究題目
医工計測および関連技術

2)助成対象
※詳細はリンク先参照

予算額:2年間で最大3,000万円を5件程度

20178月20日()
募集期間:
2017
年6月20日から8月20日まで

公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団
※リンク先
Tel
035719-2125

■平成29年度情報化促進貢献個人等表彰

(1)高度な情報処理技術(電子計算機に関するハードウェア技術、ソフトウェア技術、利用技術、開発・管理技術又は保守技術等。以下同じ。)の研究、開発等により、情報処
理の効率性の向上又は安全性の確保に先導的役割を果たし、又は顕著な成果をあげたと認められる個人又は企業等。
(2)情報処理技術の活用により、過疎地域医療問題、安全・安心な国民生活の確保など社会課題の改善に著しく寄与した、又は知識やノウハウ等の他者への提供により、ITの活用又は情報セキュリティ対策が遅れている企業等のIT活用の促進に著しく貢献したと認められる個人又は企業等。
(3)教材や教育手法の開発・普及による情報処理技術者の育成、又は広報その他の活動により、情報処理に関する国民の認識の向上に著しく貢献したと認められる個人又は企業等。
(4)産業構造審議会商務流通情報分科会(旧情報経済分科会)又はこれに準じる審議会・委員会等の委員を務める等情報政策の策定又は推進に著しく貢献したと認められる個人。
(5)情報産業関係業界団体等での活動を通じて、情報産業の健全な発展や業界を取り巻く課題の解決に著しく貢献したと認められる個人。

表彰状

平成29年731日(月)

経済産業省 商務情報政策局 情報技術利用促進課
※リンク先
Tel
.03-3501-2646

■藤原セミナー

対象分野:自然科学の全分野
応募資格:わが国の大学等学術研究機関に所属する常勤の研究者

開催費用援助:12,000千円以内/

2017731日(月)

公益財団法人 藤原科学財団
※リンク先
Tel
033561-7736

管理部門への問い合わせフォーム