個人会員の入会費用と機関誌配布と会員資格

機関誌とは?
・会誌「情報処理」(IPSJ Magazine):会費を納入している会員の方に無料配布します。
・論文誌ジャーナル「情報処理学会論文誌」(IPSJ Journal):希望購読で論文誌購読費を納入している会員の方は電子図書館で無料閲覧できます。

入会者(正会員・学生会員)への機関誌等配布について
2016年10月から次のとおりです。
機関誌等 費用 配布等 費用未納の
場合
会誌「情報処理」 入会会費(年度額) 入会の翌月から冊子配布
バックナンバは電子図書館で閲覧
入会できない
閲覧できない
論文誌ジャーナル
(オプション)
論文誌購読費(年度額) 入会の翌月から電子図書館で閲覧 閲覧できない
研究報告
(オプション)
研究会登録費(年度額) 入会の翌月から電子図書館で閲覧 閲覧できない
※電子図書館について詳しくはこちら ⇒ 電子図書館利用方法(個人用)

2016年9月30日(17:15)までは次のとおりです。※終了しました。
・会誌配布:当年度4月配布分*から遡って希望できます。ただし、残部がある場合に限ります。
(論文誌は2008年度より冊子配布は無くなりましたので、購読希望者は電子図書館からのPDF閲覧です。) 
・当年度会費の取扱:入会年度の会費は月割額×会誌配布月数(配布開始月~3月)で算定します。
1) 口座自動振替の方は、入会年度の算定額を振替金額としてご案内いたします。
2) 年額を納入の方は、入会年度の算定額を充当し、余剰分は繰越とし次年度の会費請求時に清算いたします。
(繰越額は請求書上に入金差引額としてマイナス金額で表示されます。)
・論文誌購読費および研究会登録費の取扱:入会と同時にお申し込みいただいた場合には、年額での納入/口座振替となります。年度途中からの購読、登録による次年度清算はありません。
・一括扱いについて:同一事業所または研究所等に10名以上の会員がいる場合には、会員の希望により会費・論文誌購読費の納入ならびに機関誌の配布を一括扱いにすることができます。詳細は会員サービス部門へお問い合わせください。

*会誌の配布月と月号について:2011年度より配布月がひと月前になりました。
年度
2016
(H28)
2017
(H29)
配布月
2016年
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2017年
1月
2月
3月
4月
月号
5月号
6月号
7月号
8月号
9月号
10月号
11月号
12月号
1月号
2月号
3月号
4月号
5月号

会員資格の継続と中止について
・会員資格は、毎年度(4~翌年3月)自動継続です。
・学生会員で入会された方は、卒業予定年月を過ぎると、正会員に自動昇格します。
・会員を中止する場合には、「退会届」を必ずご提出ください。
・住所等ご登録の内容に変更が生じた場合には、変更連絡届やメールなどで手続きしてください。
詳しくは「個人会員各種手続き」をご確認ください。 
※ただし、変更/退会の手続きをせずに連絡が取れなくなった場合や会費未納となった場合は会員資格喪失となりますのでご注意ください。