10月号(Vol.58 No.10)へのご意見

無題ドキュメント
今月の会員の広場では,10月号へのご意見・ご感想を紹介いたします.まず,巻頭コラム「私と情報処理」については,以下のようなご意見・ご感想をいただきました.
 
■観点に共感した.(匿名希望)
 
■力強い.(匿名希望)
 
■記事の内容には賛同しかねます.(匿名希望)
 
■巻頭コラムを読んで,今年の科研費のフォーマットが変更された背景(の背景)を知り,声をあげることの重要性を再認識しました.(匿名希望)
 
特別解説「仮想通貨の現状と未来」については,以下のようなご意見・ご感想をいただきました.
 
■一連の騒動に関する不可解に思っていた点(仕切り屋がいること)を取り上げていたことが良かった.(匿名希望/ジュニア会員)
 
■学会誌らしい掘り下げがもっとあっても良かった.(匿名希望)
 
■仮想通貨を技術・経済的意義両面から理解できてとても興味深かったです.このような情報処理以外の視角を含めた記事が読めると嬉しいです.(梅田博之)
 
■分かりやすくてよかった.(匿名希望)
 
■ビットコイン分裂の経緯がよく分かり,参考になりました.(匿名希望)
 
■最近話題のビットコインについて,よく知らなかったので,このような解説記事はありがたいです.ただ,ビットコインの細かい仕組みまでは,想像するのが難しく理解できなかったです.もう少しビットコインそのものについて,図などを用いて解説してあるとよいと思いました.(匿名希望)
 
■経緯,現状,将来予想を捉えることができました.特に,仕組みの解説は,システム・運用面などの問題点を掴むことができました.今後,新聞,テレビニュースの表面的な記事より一歩掘り下げた視点で考えることができると感じています.(曽田義春)
 
■今のビットコインの事情がよく分かり大変参考になった.(澤 佳祐/ジュニア会員)
 
特集「情報教育とワークショップ」については,以下のようなご意見・ご感想をいただきました.
 
■ワークショップでは,協働で創造する喜びを体験できるだけでなく,プログラミングの面白さを知ることができると思います.(長山知由理)
 
■ワークショップ形式のIT教育手法の多様性について非常に参考になりました.(牧永あや乃)
 
■このテーマに興味があったので,良かったです.(匿名希望)
 
■ワークショプは多かれ少なかれ本会員が体験している学習,研修の方法です.個別の現場での実践報告は貴重ですが,今回のような特集の形で解説される「教育方法論としてのワークショップ」が想定する読者は限定的だと感じました.(南谷 崇)
 
■我ながら視野が狭いと思うが,今回の特集記事はいわゆる情報処理そのものとは少し違う領域で,内容をどう活用していけばよいか考えることが難しかった.(三木清一)
 
■ワークショップについての特集であったが,各記事が発散した内容だったと感じた.順番にシナリオのあるテーマや深堀していくなど,考慮してもらえばもっと読みやすかった.(匿名希望)
 
■一種のプログラミング教育ブームの中,いろいろと考えさせられることの多い特集でした.(阿部一晴)
 
■今後ワークショップの設計をする際などに参考にしたい内容だった.(匿名希望)
 
■「編集にあたって」と編集後記(p.952の編集室)も読みましたが,今月の特集の目的・意図がよく理解できませんでした.(匿名希望)
 
■ワークショップについて改めて考えさせられた.(伊藤康彦)
 
■良かったと思います.教育という面では,情報教育にてPBLの取り組みを導入すると成果が上がるように思います.(匿名希望)
 
■特集の記事がいずれも事例紹介で似たり寄ったりという印象でした.テーマに対してもう少し違う観点からの記事もあるべき.(匿名希望)
 
「1.ワークショップの成り立ちとワークショップの学び」
■あまりにも一般的すぎる「そもそも論」であり,「情報教育」とのかかわりに何も触れられていないのは残念.(南谷 崇)
 
■「ワークショップ疲れに埋め込まれていること」が特に印象に残った.自分も含めて実際に「疲れ」を感じているひとも多いと思うが,そんな人が勇気づけられるような内容だった.(匿名希望/ジュニア会員)
 
「7.Rubyプログラミング少年団の活動紹介」
■命令ブロックは,私自身行ってみて,親が子供の作業に口出ししないという点で十分に子供に考えさせる時間を与えることができる.なぜならば問題が解決できるまで大人でも時間が過ぎるのを忘れるほど楽しめる教材です.(横山久美)
 
解説「エクサスケールに向かう学部スパコン教育の衝撃:中国でのASC17からの知見」については,以下のようなご意見・ご感想をいただきました.
 
■筆者の観察が簡潔に生き生きと表現され,その驚きと事態の重要性が読者によく伝わってくる.(南谷 崇)
 
連載「古機巡礼/二進伝心:オーラルヒストリー:嶋 正利氏インタビュー」については,以下のようなご意見・ご感想をいただきました.
 
■昔,学会のセミナーで嶋先生のお話を伺う機会があり,このことを懐かしく思い出しました.(匿名希望)
 
■8080やZ80の開発者が日本人だと知りませんでした.勉強になりました.(匿名希望)
 
■お名前だけは存じているレベルだったが,本記事で具体的な業績を知ることができた.(匿名希望)
 
■1つ気になったのですが,嶋先生へのインタビュー日時が2007年11月とあり,ほぼ10年前なのですが,なぜ掲載まで時間がこんなにかかったのか,たいへん疑問に思いました.(匿名希望)
 
会議レポート「DICOMO2017シンポジウム参加報告」については,以下のようなご意見・ご感想をいただきました.
 
■漠然としていて内容が分からなかった.(匿名希望)
 
■少し気になっていて参加を検討していた学会だったので,雰囲気などを知ることができて良かったです.(匿名希望)
 
■現場の雰囲気はよく分かりましたが,具体的にどのような発表がなされたのかは分かりませんでした.CHI2017会議レポートのようなスタイルであると研究者としてありがたいです.(匿名希望)
 
会議レポート「CHI 2017会議レポート」については,以下のようなご意見・ご感想をいただきました.
 
■CHIのレポートが丁寧でよかったです.(匿名希望)
 
連載「会誌編集委員会女子部」については,以下のようなご意見・ご感想をいただきました
 
■会誌編集委員会女子部をもっと前半に持ってきてもいいのではないか.(匿名希望/ジュニア会員)
 
連載漫画「IT日和」については,以下のようなご意見・ご感想をいただきました.
 
■笑いのセンスが私と合っていないので非常につまらない.(匿名希望)
 
会誌の内容や今後取り上げてほしいテーマに関して,以下のようなご意見やご要望をお寄せいただきました.今後の参考にいたします.
 
■今後取り上げてほしいテーマ:小学生でも絵が描けるようなプログラミングの紹介など.(鏡 嘉月/ジュニア会員)
 
■ITで社会の仕組みやビジネスがどう変わるか,その先には何があるか,(既存業務のディジタル化でなく,コンセプチュアルなキャッチコピーでなく),ビジネスセンスと技術的先見性を兼ね備えた方の言説を読めればと思います.(匿名希望)
 
■「センタ」のような長音省略は,やめてほしい.本文はできるだけゴシック体でなく明朝体にしてほしい.日本語を「イタリック体」にするのはやめてほしい.(奥村晴彦)
 
■情報オリンピックのメダリストの人にインタビューしてほしいです.(匿名希望/ジュニア会員)
 
■全体的に興味の持てない内容でした.(匿名希望)
 
■今後取り上げてほしいテーマ:ブロックチェーン技術の仮想通貨以外への利用の見込みについて.マイナンバーを運用していく国や自治体の管理システムの問題点.(匿名希望/ジュニア会員)
 
■会員の広場に投稿されていた,「匿名希望/ジュニア会員」さんからのディジタルデータでもまとめたダウンロード方法を提供してほしいという意見に同意します.PDFでも見ることができるが,すべてのファイルをダウンロードするために各ページに遷移する作業が面倒で,冊子で見ています.(それとも情報処理学会員ならば,Webクローラを作成すべきでしょうか)(匿名希望)
 
■特集・テーマが悪いとは思わないが,今月は内容が普通だなと思ってしまった.(匿名希望)
 
■情報処理の世界で多くの秀才を育てていく議論もあってよさそうと思いました.(匿名希望)
 
■良いと感じる記事は日本語がやさしい.特に記事が自分の専門分野でない場合,読んでそのまま理解できるとありがたい.できるだけ一般向けのつもりで執筆してもらうとありがたい.(匿名希望)
 
■ソフトウェアの品質,設計,テスト,プロマネ等を,低コストで実施するための工夫があれば,紹介してほしい.基本的なことだが,ファイル名のつけ方,フォルダの構成など,多くの人が「適当に対応」しているが,ちょっとした工夫で生産性が大幅に向上するものについても,アイディアを紹介してほしい.(匿名希望)
 
■マイコンについてもっと知りたい.(匿名希望/ジュニア会員)
 
■今月号も興味深い内容でした.(山田俊輔)
 
■ワークショップについてはまちづくり,福祉分野で文献が見られますが,情報教育という切り口でまとめていただいたのはとても興味深かったです.より情報処理が多面的に見られるよう,人文系とのかかわりが見られるような特集,オリンピック・パラリンピックに関する特集を期待しています.(匿名希望)
 
■巻頭コラムに,この分野の海外の著名な方からの日本におけるITの状況に対するコメントなどがあると面白いのではないか.(匿名希望)
 
■前ページの広告の部分に興味があるものが多く,面白かった.(匿名希望/ジュニア会員)
 
■今後取り上げてほしいテーマとして,並列分散技術を取り上げてほしい.(澤 佳祐/ジュニア会員)
 
ご意見・ご感想はアンケートページでも受け付けております.ぜひ皆様のお声をお寄せください.

会誌編集部門への問い合わせフォーム