「利用されるクラウドコンピューティング」特集への論文投稿のご案内

情報処理学会デジタルプラクティス編集委員会

近年、多様な形態のサービスが提供されるようになったクラウドコンピューティングを実務に提供、活用するための取組みや事例についての論文を募集します。

高速かつ堅牢なグローバル・バックボーンネットワークが構築され、それを活用することで情報機器を集約的に管理・運用する巨大データセンタ群が出現し、インターネット上での様々なサービスの爆発的な普及を背景に、クラウドコンピューティングという新たなコンピュータサービスの利用形態が出現しました。クラウドコンピューティングでは、サービスごとに専用の情報処理システムを構築して活用する代りに、仮想化した計算機資源や、共通化したデータ処理サービスを必要なときに、必要な量だけ利用することにより、設備コスト(CAPEX)を大幅に削減するとともに、運用環境の自動化などにより、運用コスト(OPEX)をも削減可能としています。すでに、クラウドコンピューティングはITを用いる様々な局面で利用されるに至り、現在のICT社会における基盤サービスとして必須といえます。基盤サービスとしてのクラウドコンピューティングでは、リソースを共有することに起因する、SLAの保証やセキュリティの担保、共用サービスを活用する場合の自社業務に対するカスタマイゼーションの困難性、レガシーなアプリケーションとの共存、既存サービスから、クラウドコンピューティングサービスへ移行する際のオーバヘッド、あるいはこれからのクラウドコンピューティングサービスに必須なネットワークインフラおよび大規模データセンタの運用など、社会基盤としての提供/運用/維持、など、様々な課題があります。これらの課題を解決することが、クラウドコンピューティングを活用した種々のビジネスの振興に不可欠であると言えます。

デジタルプラクティスでは、クラウドコンピューティングの活用・運用を検討している多くの実務家にとって有益な指針となるプラクティスを共有できる論文を特集することを目的とし、活用側・運用側双方の視点から次のような幅広いトピックからの論文投稿をお待ちしています。また、下記トピックに限らず、クラウドコンピューティングに関するプラクティスとその知見に関しての投稿を広く受け付けます。

  • クラウドサービス運用者の立場
    • クラウドサービス提供のために新たに開発したツール、利用環境、実装上の工夫
    • 提供するクラウドサービスについて、利用者のIT環境への導入を支援するツールや方法論など
    • クラウドコンピューティング技術をベースにした実用的なアプリケーション事例
  • クラウドサービスの利用者の立場
    • クラウドサービスを自社ITシステムとして実務に活用した(ハイブリッドクラウドの)事例および導入時の工夫
    • クラウドサービス利用におけるデータセキュリティ・プライバシー保護などへの取組み事例
    • 複数のクラウドサービスを統合的に活用した(フェデレイテッドクラウドの)事例
  • 利用者と提供者の双方での取組み
    • クラウドサービスの導入時の課題に関して、利用者と提供者が共同で取り組んで解決した事例
    • クラウドサービスを用いた災害対策の強化に向けた取り組み事例

多くの皆様からのご投稿をお待ちしています。


投稿要領

(1) 論文の執筆要領
論文執筆にあたっては, 「情報処理学会デジタルプラクティス」原稿執筆案内をご一読のうえ, 「情報処理学会デジタルプラクティス」原稿テンプレートによりご投稿ください.原稿は電子メールでデジタルプラクティス担当(editdp"at"ipsj.or.jp)宛てにSubjectに特集名を記載して送信してください.
(注)上記メールアドレスの"at"は@に置き換えてください.
掲載料については こちらをご参照ください.

(2) 投稿締切:2013年2月5日(火)17:00

(3) 掲載特集号:2013年10月号(Vol.4 No.4)

(4) 特集エディタ:後藤厚宏(情報セキュリティ大学院大学)、中野美由紀(東京大学)


会誌編集部門への問い合わせフォーム