「要求工学で情報システム開発を変える:ユーザとベンダのWin-Win Wayへ」特集への論文投稿のご案内

 情報処理学会デジタルプラクティス編集委員会

近年,情報システムはますます大規模,複雑になり,その開発,運用上で様々な問題が発生しています.このような問題は情報システム開発の源流である要求定義にあることが少なくありません.
一方,要求定義は,情報システムの価値を高め,差別化するプロセスでもあります.要求定義の果たす役割は,単に情報システムに留まらず,ユーザのビジネスや製品の競争力に直結し,すべての産業の競争力と社会生活の質の向上に寄与します.このため,わが国における情報システム開発において,要求定義の技術体系である要求工学への組織的な取り組みが注目を集めています.
しかし,要求定義がユーザとベンダなど多様なステークホルダが参画することから,要求工学のプラクティスには様々な技術を活用できる必要があります.本特集では,このような要求工学のプラクティスに関する成果や経験に関する論文を広く募集します.特に,現場で要求工学のプラクティスを推進する上での課題や苦労した点,課題を解決するための創意工夫などについての報告を期待します.例えば,次のような話題がありますが,これに限らず幅広い話題で論文を募集します.多数の投稿をお待ちしています.

1) 要求定義のプロセスとその改善
2) ステークホルダや既存システムの文書などからの要求の獲得方法
3) 要求の分析,構造化,優先順位づけなどの方法
4) 非機能要求の獲得,分析
5) ユーザとの要求交渉と合意形成
6) 要求仕様の表記法と要求仕様書の作成
7) 要求の検証,ユーザの要求を満たしていることの妥当性確認
8) 要求管理
9) 要求工学の技術を統合した要求定義の方法論
10) Webシステム,組込みシステム,パッケージソフトウェアなどの特定ドメイン向けの要求工学プラクティス
11) 要求工学を支援する環境やツール
12) 要求工学プラクティスを主導する人材の育成,教育

投稿要領

(1) 論文の執筆要領
論文執筆にあたっては, 「情報処理学会デジタルプラクティス」原稿執筆案内をご一読のうえ, 「情報処理学会デジタルプラクティス」原稿テンプレートによりご投稿ください.原稿は電子メールでデジタルプラクティス担当(editdp"at"ipsj.or.jp)宛てにSubjectに特集名を記載して送信してください.
(注)上記メールアドレスの"at"は@に置き換えてください.
掲載料については こちらをご参照ください.

(2) 投稿締切:2012年8月3日(金)17:00

(3) 掲載特集号:2013 年4月号(Vol.4 No.2)

(4) 特集エディタ:青山幹雄(南山大学),中谷多哉子(筑波大学),鈴木律郎(情報サービス産業協会)


会誌編集部門への問い合わせフォーム